« 受傷3ヶ月後 | トップページ | ベンチなイス »

2007年7月20日 (金)

パン職人

パン職人復活

我が家のパン職人が復活した。

あまりの忙しさに、しばし引退していたのだが・・・・・

最近又復活したようである。

さらに、パン教室らしきところに通っているらしい@@

まっおいさんとすると、手作り焼きたてパンが味わえるので

大賛成である・・・・・・・のであるが・・・しかし・・・

美味しくできあがっているはずのパンが、味わえないのである。

製作時間と製作数、タイミング等もろもろの理由により,

おいさんの口まで届かないのである。

電気式パン製作機械は、しょっちゅう動いているのだが、

完成品の姿みえず・・・・・

まっ時々でいいか!

ざっくり食パン

何とか今晩はありつけたので、画像付きで紹介する。

教本による品名は

「トーストにするとさらにおいしいさっくり食パン」

という名前らしい。

確かに完成後に再トーストすると旨いのである・・・・納得

Dsc00978

レシピもアップしておきます。

作り方は、材料入れてスイッチ・・・ポン・・・・らしい

ほんとかな?

Dsc00985

そんなに簡単にできてしまうと・・・・・・・

石窯作ったおいさん達の・・・・

・・・・・・・・立場が・・・・無いのでは・・・・・

おし!!おいさん達はピザで勝負だ!!

次はチーズ入りパンがいいな!!

|

« 受傷3ヶ月後 | トップページ | ベンチなイス »

コメント

短くなってしまった指にびっくり呆然‥‥ホントに大変だったのですね。私も地震時に足のすねにすごい傷を作りましたが、その指に比べれば序の口ですね。お大事に。
考えてみれば、もっこ倶楽部の皆様はモノも食事もすっごくお上手なので、被災地に行けば喜ばれることでしょうね。私の住んでいる地域は避難所の対応がよく、あまり不自由はしていないのですが、地域によって格差があり、未だにペットボトル水やおにぎり一つに困っているそうです。私達のところでは、水、おにぎりは頂き放題なのに‥‥もっこ倶楽部さんが、もう少し近かったらなぁと考える今日この頃です。
あぁ早くガス水道が復旧してほしいなぁ‥‥

投稿: murataka | 2007年7月22日 (日) 11時00分

怪我?
大丈夫ですか?
詳しく状況わかりませんが、お見舞い申し上げます。
避難所かなり不自由なようですね!

我々も、過去に宮城県沖地震経験してますが
ここまで、被害大きくなかった記憶あります。

当倶楽部は、もともとアウトドア好きで、テント野営
暮らしを楽しんできました。キャンプを通じて
いざというときの生活力を高める訓練(遊び)してます。
野、山、海、川での食料、水の調達
なんでも採って、喰って生き延びる練習をしています。

プラス思考で、乗り切って下さい。
家族、友人の絆がさらに、強くなるチャンスです。
がんばって下さい。
困った時は連絡下さい・・・お役にたてれば・・・

投稿: 管理人 | 2007年7月22日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208495/15825747

この記事へのトラックバック一覧です: パン職人:

« 受傷3ヶ月後 | トップページ | ベンチなイス »