« 秋の行楽シーズン(出雲編) | トップページ | 味の行楽シーズン(バトル最終編) »

2008年10月 2日 (木)

秋の行楽シーズン(戦い編)

さてと、出雲の夜もよく喰って、飲んだで

あまり、土地勘なかたのだが、良い店に出会えた。

今日は久々にご紹介しよう。

店の名前は「だいこく」さん

けっこう有名人がいらっしゃる店なのです。

そして、料理がすばらしい!板さんの気持ちが、料理に伝わってきます。

場所は、京橋川沿いでカラコロ工房の川向かい

話はそれますが

松江市は、地元工芸、作家さんに暖かいのです。

旧日銀のレテロな建物を、クラフト作家さん達に解放してくれちゃっているんです。

その建物全体がカラコロ工房

おいさんは、松江で一番のお気に入り

数年ぶりで、携帯ストラップの紐交換してもらいました。

105円なり!!

バトル編

そうです。話それましたが

「だいこく」さん

居酒屋ですが、料理が又素晴らしい

季節のほんと旬の食材

それも、ビックリするような食材を提供してくれました。

味付けもばっちし、たまたま他のお客さんも無し。

女将さんがつきっきりで、創作のおつまみの説明をしてくれたのです。

我々はぱっと見れば東京からきた普通のお客さん

のはず。

それで、おつまみを色々紹介してくれたのです。

P1010917

まずはお通し

美味しい創作ツマミに話が盛り上がるのである。

ミョウガの甘酢を褒めたのから、バトルは始まった。

しその話、ミョウガの話、かぼすの話

お通しでここまで盛り上がるか?と思うほど盛り上がった。

お次のオーダーは「お造り」

メニューはなく、板さんまかせ

板さんの気合いが感じる!

P1010918

美味しいお造りであったのです。

そして、女将が攻撃に出た!

これ何か解る? (中央のイボイボがついた野菜?)

・・・・・・おいさん一口食べて「ツルムラサキの芽!」・・・・しまった当ててしまった。

    女将のプライドを傷つけたか?

    ここは、知らないふりをすべきだったか?ちょっと後悔

P1010919

お次は魚の煮付け

パット見た感じ、3種類の食材が入っている。

味はばっちり!

ここで、女将の猛攻!

この魚何か解る?

これは普通の人は解らないでしょう。

刺身でなく、お頭なので。

顔の形は、ヒラマサか、カンパチ  シマアジにしては少しスマート

そこで、回答は・・・・・「カンパチの子供」・・・・・しまった。又当ててしまった

さらに、お飾りの葉っぱは、女将さん優勢の部分

これわかんないでしょう?

・・・・・「ゴーヤの葉っぱ」・・・しまった又だ、食べてみてやっと確信できたので

喜んだ勢いで・・・つい・・・・そしてもう一品は・・・・カボチャ

だんだんクイズ押し問答のようになってきた。

ほんと、他にお客がいなくて、女将は付きっきりである。

最後は究極の揚げ物

次号に続く

|

« 秋の行楽シーズン(出雲編) | トップページ | 味の行楽シーズン(バトル最終編) »

コメント

わても食べてみたい~
と言うより、その場にいて、タマさんと女将さんのやりとりを聞きながら、食べてみたいよ~

それにしても、タマさん当てすぎ!
グルメ通でっせ!
さすが、自然児は違います。

投稿: mak | 2008年10月 3日 (金) 01時02分

ここの料理はすばらしいのです。
普段は使用しない食材やビックリするような食材を
旨く創作してくれちゃってますね。
市場では出回らない食材です。
この部分は、おいさんも良くチャレンジして
食べてますので・・・・まっかせて下さい。

一番解らないのが、高級食材使われると???ですね。
フォアグラとかキャビアとか だされてたら???です。

投稿: 管理人 | 2008年10月 3日 (金) 07時16分

わははっ、女将さんの顔を思い浮かべて笑ってしまいました。

投稿: とっち | 2008年10月 3日 (金) 09時05分

女将さん?
ちょっと、引きつってた様な気がします。
まじすか!

投稿: 管理人 | 2008年10月 3日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208495/42665873

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の行楽シーズン(戦い編):

« 秋の行楽シーズン(出雲編) | トップページ | 味の行楽シーズン(バトル最終編) »