« キャンプイン田代島 | トップページ | 脚の創作 »

2012年8月13日 (月)

鮎川の座卓

やっとのお盆休み

やっと鮎川の座卓修復にかかれます。

依頼人、待ってるかな?

もちょっとお待ちくださいね〜

作業のステップが、結構あるんです。

まずは、天板の修復から

津波の影響で、天板の角や、天井部に大きな傷や、凹みが・・

これをまず修復です。

Photo

角はベルトサンダーで傷がなくなるまで、荒削り

〜仕上げまで繰り返し、傷目や凹みがなくなりまで

ひたすら磨くんです。

そして、天板も・・・

天板は、ベルトでなくオービタルサンダです。

これも、同じく傷目が無くなりまで磨きます。

Photo_2

これで研磨完了!深い傷はこれ以上無理なので

穴埋めをします。

エポキシの樹脂を流し込んで。平面を均一に

Photo_3

数日放置して、効果後さらに表面が平になるまで

研磨して、これを数回繰り返すと、綺麗な天板の下地が

できます。

その後は、中間処理して、仕上げの塗装をすれば

天板の修復は完了です。

脚の作成に続く・・・

|

« キャンプイン田代島 | トップページ | 脚の創作 »

コメント

修復には、長い時間がかかると思います。鮎川の想いと共に、頑張ってください。

投稿: mak | 2012年8月13日 (月) 23時49分

makさん
重い想い噛み締めてます。

投稿: 管理人 | 2012年8月14日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208495/55416810

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎川の座卓:

« キャンプイン田代島 | トップページ | 脚の創作 »